通販・市販で購入できる葉酸サプリを成分や口コミをもとにランキング!妊活中だからこそ安全な葉酸サプリを選びたいですよね。各サプリの成分や飲み方も紹介しているので参考にしてください。

葉酸サプリどれがいいの?妊活に効果的おすすめ葉酸サプリ

よくある質問

葉酸の副作用ってあるの?妊活中の正しい摂り方や注意点を解説

投稿日:

葉酸は妊活中に必要不可欠な成分です。とわいえ、心配なのが副作用です。よかれと思って飲んだのに、健康を害することに…。と考えると、とても怖いですよね。

「葉酸の副作用ってあるの?」そんな人のために、注意点と正しい摂り方を解説します。

1日の摂取量とは?正しい摂り方まとめ

葉酸はビタミンB群の一種で、体に必要不可欠な成分です。不足すると貧血や血管系疾患をひきおこします。特に重要なのが、妊娠前から妊娠後の摂取です。細胞分裂を助けたり、神経管閉鎖障害のリスクを減らしたり、葉酸は健康な赤ちゃんを生むために絶対に必要な成分。

通常の時の一日の推奨摂取量は「240㎍」ですが、妊活中や妊娠中はその2倍「480μg」の葉酸が必要です。

ほうれん草やレバーなどの食事でもとれますが、一日に必要な量を補うのはとても大変です。さらに、熱に弱く水に流れる性質があるので、調理するとグッと減ってしまいます。

多量のほうれん草やレバーを毎日食べるのは、現実的ではありません。葉酸を摂るために、同じものばかり食べていては、お母さんと赤ちゃんの体にも悪影響です。いろいろな成分をバランス良くとることが大事なので、無理に食べ物で摂ろうとしないでくださいね。

妊娠中に必要な葉酸量をしっかりとりたいなら、サプリメントがおすすめです。

必要な葉酸を手軽にとれて、続けやすい。食事て摂るよりもずっと簡単です。さらに、妊娠中に必要な「鉄」や「カルシウム」を一緒にとれるサプリもあります。

ただし、葉酸サプリは手軽にとれる反面、過剰摂取の危険性があります。

サプリを飲む時は必ず配合量を確認しましょう。30代以上の肩の葉酸の上限摂取量は一日に「1000㎍」なので、超えないように注意してくださいね。ただし、10代~20代の上限摂取量は「900μg」なので、注意しましょう。

水溶性ビタミンである葉酸はすぐに尿として体外にでるので、上限摂取量ギリギリでもあまり心配いりません。「1000㎍超えたらすぐに体に害がでる」というわけでもなく、過剰摂取を繰り返さなければ高い危険性はナシ。妊娠中なら推奨量の「480μg」以上を目標にしましょう。

ただし、副作用が出るかは体質によっても左右されるので、ゆだんは禁物です。なんらかの症状が出た場合は、すぐにサプリをやめましょう。

葉酸の副作用はあるのか?

葉酸のとりすぎは大丈夫?過剰摂取による影響とは

現在のところ、食物からの経口摂取による葉酸の過剰摂取での副作用は確認されていません。少々、過剰に摂取しても葉酸は水溶性ビタミンなので、尿となって体外に排出されます。

葉酸の1日の摂取量について

しかし、何事も限度がありますので、副作用が確認されていないからといって取り過ぎには注意が必要です。

サプリメントは、効率よく必要な葉酸が手軽に摂れるので、とても便利なのですが、限度を越えて過剰に摂取すると食欲不振や吐き気などが起こる事例が確認されています。

葉酸は血液の増加を助ける成分です。貧血防止の効果がありますが、たくさん摂ってしまうと、血が増えすぎてしまいます。

血管が拡張して心拍数がドンドンあがってしまう…。「食欲不振」「吐き気」「じんましん」「発熱」など葉酸過敏症の症状がでるので、注意しましょう。

こういった症状は葉酸の摂取をやめればすぐにおさまりますが、ひどい場合はすぐに病院を受診してくださいね。

ビタミンB12欠乏症を隠す

葉酸が母体や赤ちゃんに良いからいって葉酸ばかり摂取していると、ビタミンB12欠乏症に陥ることがあります。

「ビタミンB12欠乏症」はとても怖い病気です。

ビタミンB12が不足すると貧血になりますが、葉酸が足りない血を補うため診断しづらい状態に。

立ちくらみや四肢のしびれ、歩行困難、悪性貧血、記憶喪失、認知障害などひどいものには重篤な症状もみられます。

さらに、ビタミンB12が少ない状態のまま生んでしまうと、子供も「ビタミンB12欠乏症」になってしまいます。そのまま治療しないでいると深刻な「神経障害」や「発育不全」になることだってあるんですよ。

葉酸の過剰摂取は「ビタミンB12欠乏症」による認知機能の低下を悪化させることも…。

「ビタミンB12欠乏症」を放置しておくと重篤な障害が残る可能性があるので、「不眠」「めまい」「不安感」といったサインを見逃さないようにしてください。

心配なら「鮭」や「しじみ」など、ビタミンB12をふくんだ食品を積極的に摂取を。をなにか体の異常を感じた時は、葉酸サプリの摂取をやめてすぐに病院に行きましょう。葉酸サプリを摂取していたことを、必ず伝えてくださいね。

赤ちゃんがぜんそくになることも

妊娠中にお母さんが葉酸をとりすぎてしまうと、赤ちゃんの体がアレルギー物質として認識します。妊娠後期に葉酸を1000㎍取り続けてしまうと、幼児ぜんそくのリスクがアップ。過剰摂取は赤ちゃんの体にも毒です。

必ずしもなるというわけではありませんが、リスクはなるべく減らしておきましょう。

葉酸サプリの過剰摂取を防止する方法

葉酸サプリの配合量に注意する

葉酸サプリには様々な商品がありますが、その配合量はそれぞれ違います。購入前に必ず確認するように!「少なすぎ」や「多すぎ」に注意しましょう。日本のサプリならばあまり心配ありませんが、外国人向けに作られた葉酸サプリは含有量が多い傾向があります。

一日の推奨摂取量は480μg。食事でとる分を含めて、妊活中から授乳中まで400μgを目安にしましょう。

ただ、1000㎍を超えなければOKなので、葉酸が不足していると感じるひとは少し多めでも大丈夫です。600μgくらいを参考にしてください。

サプリの併用をさける

葉酸サプリの併用は過剰摂取につながります。一つにしぼって飲用しましょう。また、葉酸以外のサプリに、プラス成分として葉酸が入っていることも。2つ以上のサプリを飲む時は、必ず成分を確認してください。限度量を超えていないか計算してから飲みましょう。

「おかし」や「シリアル」など、サプリ以外に葉酸が入っている場合もあります。知らず知らずのうちに過剰摂取…なんてケースもあるので、気をつけてくださいね。

用法用量を守る

手軽に飲めるサプリですが、その分飲み過ぎてしまう可能性も高くなります。

1粒にギュッと成分を凝縮しているため、ちょっと多めに飲むだけでも過剰摂取につながってしまう…。1粒にどのくらいの葉酸がふくまれているのか、1日何粒飲めばいいのか、必ず確認しておきましょう。

「昨日飲み忘れたから」といった理由で次の日多く飲むのもNGです。必ず用法用量を守って飲みましょう。「忘れてしまってもう一回飲んでしまう」そんな危険も。チェックシートを用意する、飲む時間を決めておく、といった対策を行ってくださいね。

葉酸のとりすぎに注意して妊活をしよう!

妊活中や妊娠中に必要な葉酸ですが、摂りすぎはお母さんと赤ちゃんの体に悪影響です。手軽なサプリは便利ですが、飲みすぎると深刻な障害の危険性も…。

「1000㎍」以上の葉酸は体に毒です。葉酸をサプリで摂る時は、用法用量を守るようにしましょう。

サプリは適切な量をとること!それを守れば心配ありません。食事よりもサプリでの摂取がおすすめです。

配合量に気をつけつつ、質の良いサプリを選んでくださいね。毎日必要な量をしっかりと摂って、妊娠しやすい体を作りましょう。

-よくある質問

Copyright© 葉酸サプリどれがいいの?妊活に効果的おすすめ葉酸サプリ , 2018 All Rights Reserved.